九州地方の大学

【2021年版】熊本県立大学の偏差値!河合塾・駿台・ベネッセ・東進

熊本県立大学 偏差値

各予備校が発表する熊本県立大学の偏差値は、

  • 河合塾→45.0~57.5
  • 駿台→46.0~50.0
  • ベネッセ→50.0~55.0
  • 東進→53.0~59.0

となっている。

センター得点率は、

  • 60.0~76.0

だ。

この記事では、

を紹介するぞ。

熊本県立大学の偏差値情報

熊本県立大学の偏差値情報について詳しく見ていこう。

熊本県立大学の偏差値!河合塾・駿台・ベネッセ・東進

河合塾、駿台、ベネッセ、東進の発表する、熊本県立大学の偏差値は下の通りだ。

河合塾駿台ベネッセ東進
文学部47.5~57.549.0~50.054.053.0~59.0
環境共生学部45.0~50.046.0~47.050.0~55.053.0
総合管理学部46.052.0~54.055.0

熊本県立大学の学部学科別の偏差値【河合塾】

熊本県立大学の学部学科別の偏差値について、詳しく見ていこう。

センター試験の得点率も乗せておいたぞ。

文学部 セ試得点率 69%~76% 偏差値 47.5~57.5

学部|学科・専攻・その他日程方式名セ試
得点率
偏差値
文|日本語日本文前期71%57.5
文|英語英米文前期69%47.5
文|日本語日本文後期76%
文|英語英米文後期76%52.5

環境共生学部 セ試得点率 60%~63% 偏差値 45.0~55.0

学部|学科・専攻・その他日程方式名セ試
得点率
偏差値
環境共生|環境資源学前期60%50.0
環境共生|居住環境学前期60%47.5
環境共生|食健康環境学前期60%45.0
環境共生|環境資源学後期62%55.0
環境共生|居住環境学後期63%
環境共生|食健康環境学後期63%

総合管理学部 セ試得点率 64%~70%

学部|学科・専攻・その他日程方式名セ試
得点率
偏差値
総合管理|総合管理A方式前期64%
総合管理|総合管理B方式前期70%
総合管理|総合管理A方式後期67%
総合管理|総合管理B方式後期68%

熊本県立大学のライバル校、併願校の偏差値

熊本県立大学のライバル校の偏差値【文系】

熊本県立大学の文系における、ライバル校の偏差値は下のようになっている。

偏差値大学名都道府県国公私立
55高崎経済大学群馬県公立
55富山大学富山県国立
55新潟大学新潟県国立
55福岡女子大学福岡県公立
55三重大学三重県国立
55山形大学山形県国立
55和歌山大学和歌山県国立
52.5茨城大学茨城県国立
52.5尾道市立大学広島県公立
52.5香川大学香川県国立
52.5熊本県立大学熊本県公立
52.5群馬県立女子大学群馬県公立
52.5群馬大学群馬県国立
52.5県立広島大学広島県公立
52.5高知大学高知県国立
52.5静岡県立大学静岡県公立
52.5島根県立大学島根県公立
52.5島根大学島根県国立
52.5長崎大学長崎県国立
52.5弘前大学青森県国立
52.5福井大学福井県国立

熊本県立大学のライバル校の偏差値【理系】

熊本県立大学の理系における、ライバル校の偏差値は下のようになっている。

偏差値大学名都道府県国公私立
50熊本大学熊本県国立
50県立広島大学広島県公立
50公立鳥取環境大学鳥取県公立
50奈良女子大学奈良県国立
50兵庫県立大学兵庫県公立
50弘前大学青森県国立
50福井県立大学福井県公立
50前橋工科大学群馬県公立
50山口大学山口県国立
47.5香川大学香川県国立
47.5熊本県立大学熊本県公立
47.5群馬大学群馬県国立
47.5佐賀大学佐賀県国立
47.5滋賀県立大学滋賀県公立
47.5富山県立大学富山県公立
47.5豊橋技術科学大学愛知県国立
47.5福島大学福島県国立
47.5山形大学山形県国立
47.5琉球大学沖縄県国立
47.5和歌山大学和歌山県国立
45会津大学福島県公立

熊本県立大学の大学情報

熊本県立大学の大学情報についてまとめておいた。

熊本県立大学の基本情報

熊本県立大学の基本情報は下の通りだ。

正式名称熊本県立大学
大学設置年数1949
設置者公立大学法人熊本県立大学
本部所在地熊本県熊本市東区月出
キャンパス
学部文学部
環境共生学部
総合管理学部
研究科文学研究科
環境共生学研究科
アドミニストレーション研究科
URLhttps://www.pu-kumamoto.ac.jp/

熊本県立大学の大学風景

熊本県立大学の大学風景は下の通りだ。

熊本県立大学の口コミ

熊本県立大学の口コミは下の通りだ。

在校生/2018年入学

文学部日本語日本文学科の評価

  • 総合評価【良い】日本語を学びたいもの。文学史を学びたいもの。そういうものにはとても素晴らしい学科だと思います。また、テストも授業を受けていれば、簡単です。過去問さえ手に入れば、多少難しいテストもほぼ同じ傾向で出されるため心配する必要はありません。
    大学に来る上では、自分が勉強したいことを自分で見つけねばなりません。文学とは、一件に役に立たないように見えて、現在の私たちの生活に大きく関わっています。言語も同じくです。その事を、1年生では、ちゃんとひねくれた考えをせずに素直に聞けば、分かるはずです。
    自分の信条等があり、それを貫くのは一向に構いません。はじめから、聞く気がないのならば、この学科に来る必要は無いのでほかの学校や学科を選びましょう。
    日本文学や、日本語は、人によってはとてもつまらないです。しかし、学ぼうとするものは必ず受け入れてくれます。
    受験する方々が、やる気を持っているならば、何も心配することはありません。もちろん、合わないと思えば、単位の取得次第で学科を変えることができるので安心してください。
    幸運を祈っています。
  • 講義・授業【良い】とても素晴らしい教授陣です。
    少し変わった方も多いですが、その道に関してはスペシャリストの方々なので、心配入りません。
  • 研究室・ゼミ【良い】一つ一つのゼミは狭いです。
    資料も図書館のみでは足りないことがあります。
  • 就職・進学【普通】あまり、就職は評価できません。
    国語教師や、日本語教師の道もありますが、単位数も多く片手間でとるにはきつすぎます。

  • アクセス・立地【良い】バス停も近くにあり、不審者もあまり出ません。
    病院も多くありますし、居酒屋等も多いです。コスモスや、ゆめマートもあるので、一人暮らしでも安心です。
  • 施設・設備【良い】すこし、資料が足りない気がします。
  • 友人・恋愛【良い】日文は女子が多いです。
    今年の1年生男子は、確か7人だった気がします。
    かと言って、彼女等ができた話も聞かないので恋愛は個人個人だと思われます。
    私もですが、少々オタク気質の方が多いので、○○が好き!と言っても、否定されることはほぼありません。
    素敵な方が多いので、是非どうぞ。
  • 学生生活【良い】とても楽しいです。
    サークルは入った方が、日々充実します。

その他アンケートの回答

  • 【学科で学ぶ内容】一年次は、日本語の基本知識や、古典から近代の文学史がいくつかの授業に別れて行われます。英語と第二外国語もあります。第二外国語は、ドイツ語とフランス語はオススメしません。簡単なのは、韓国語と中国語です。お勧めします。
    なんのために日本語を学ぶのか? 日本語がどう、今、社会で役に立つのか。文学と政治の関係は?文化の関係は?そのようなことが知りたいのならば、ぜひ入学してください。
    先輩方は、みんな優しいので、単位の取り方も教えてくれると思います。

引用:みんなの大学情報

在学生/2019年入学

総合管理学部総合管理学科の評価

  • 総合評価【普通】人数も多く、なかなか少人数での活動ができないものの、逆に人と関わるグループワーク、また民間や行政とプロジェクトを行えるのは良い。
  • 講義・授業【普通】教授によって授業に対するモチベーションが違うため、自分が興味ある授業であっても教授次第でモチベーションが変わってしまうため
  • 研究室・ゼミ【普通】ゼミによって活動実績が違うのは仕方ないものの、目指すところが全く見えないゼミがあったりもするため
  • 就職・進学【普通】公務員講座に関しては充実していると思う。民間企業に対しても就職率は低くはない
  • アクセス・立地【悪い】駅から遠い。バスか車しか手段がない。バスだとどうしても高くつく。
  • 施設・設備【悪い】施設によっては古い建物や備品などもあるため、良いとは言えない。
  • 友人・恋愛【普通】サークルに入ればある程度人間関係は充実すると思う。簡単に恋人は出来ない。
  • 学生生活【普通】体育祭は正直くっそしょぼい。学祭はそれなりだろうが、近くに病院があるため歌手を呼べないのは無能。

その他アンケートの回答

  • 【学科で学ぶ内容】総合管理を主に学ぶ。その中で情報、福祉など主に3つの分野を専門的に行っていく。
  • 【学科の男女比】5 : 5
  • 【就職先・進学先】公務員(県庁)
  • 【志望動機】公務員への就職率が高く、自分自身将来的に公務員志望であるため。

引用:みんなの大学情報

ABOUT ME
偏差値ナビ
偏差値ナビ
大学の偏差値を研究している団体。 自身が受験に失敗したことから、偏差値を意識した大学受験の必要性を痛感。 全国の受験生に、少しでも偏差値の高い大学に入ってもらうため、偏差値情報、勉強法などを発信している。