関東地方の大学

【2021年版】フェリス女学院大学の偏差値!河合塾・駿台・ベネッセ・東進

フェリス女学院大学 偏差値

各予備校が発表するフェリス女学院大学の偏差値は、

  • 河合塾→37.5~50.0
  • 駿台→43.0~45.0
  • ベネッセ→51.0~59.0
  • 東進→49.0~52.0

となっている。

センター試験の得点率は、

  • 71~77%

だ。

この記事では、

を紹介するぞ。

フェリス女学院大学の偏差値情報

フェリス女学院大学の偏差値情報について詳しく見ていこう。

フェリス女学院大学の偏差値!河合塾・駿台・ベネッセ・東進

河合塾、駿台、ベネッセ、東進の発表する、フェリス女学院大学の偏差値は下の通りだ。

河合塾駿台ベネッセ東進
文学部45.0~50.043.0~45.053.0~59.049.0~52.0
国際交流学部45.0~47.545.053.0~57.050.0
音楽学部37.540.051.0~54.045.0

フェリス女学院大学の学部学科別の偏差値【河合塾】

フェリス女学院大学の学部学科別の偏差値について、詳しく見ていこう。

センター試験の得点率も載せているので、参考にしてみてくれ。

文学部 セ試得点率 75%~85% 偏差値 45.0~50.0

学部|学科・専攻・その他日程方式名セ試
得点率
偏差値
文|英語英米文セ試利用77%
文|日本語日本文セ試利用85%
文|コミュニケーションセ試利用75%
文|英語英米文A日程2科目型45.0
文|英語英米文A日程3科目型45.0
文|英語英米文B日程45.0
文|日本語日本文A日程2科目型47.5
文|日本語日本文A日程3科目型47.5
文|日本語日本文B日程50.0
文|コミュニケーションA日程2科目型47.5
文|コミュニケーションA日程3科目型47.5
文|コミュニケーションB日程47.5

国際交流学部 セ試得点率 70% 偏差値 45.0~47.5

学部|学科・専攻・その他日程方式名セ試
得点率
偏差値
国際交流|国際交流セ試利用70%
国際交流|国際交流A日程2科目型47.5
国際交流|国際交流A日程3科目型45.0
国際交流|国際交流B日程47.5

音楽学部 セ試得点率 74% 偏差値 37.5

学部|学科・専攻・その他日程方式名セ試
得点率
偏差値
音楽|音楽芸術セ試利用74%
音楽|音楽芸術A日程37.5
音楽|音楽芸術B日程37.5

フェリス女学院大学のライバル校/併願校の偏差値

フェリス女学院大学のライバル校の偏差値【文系】

フェリス女学院大学の文系における、ライバル校の偏差値は下の通りだ。

偏差値大学名都道府県国公私立
47.5白百合女子大学東京都私立
47.5十文字学園女子大学埼玉県私立
47.5拓殖大学東京都私立
47.5千葉工業大学千葉県私立
47.5中央学院大学千葉県私立
47.5東北福祉大学宮城県私立
47.5常葉大学静岡県私立
47.5中村学園大学福岡県私立
47.5白鴎大学栃木県私立
47.5阪南大学大阪府私立
47.5フェリス女学院大学神奈川県私立
47.5桃山学院大学大阪府私立
47.5安田女子大学広島県私立
47.5流通経済大学茨城県私立
45大阪学院大学大阪府私立
45大阪産業大学大阪府私立
45開智国際大学千葉県私立
45関西福祉大学兵庫県私立
45至学館大学愛知県私立
45秀明大学千葉県私立
45白梅学園大学東京都私立

フェリス女学院大学のライバル校の偏差値【芸術・保健系】

フェリス女学院大学の芸術・保健系における、ライバル校の偏差値は下の通りだ。

偏差値大学名都道府県国公私立
40四條畷学園大学大阪府私立
40修文大学愛知県私立
40聖マリア学院大学福岡県私立
40宝塚大学兵庫県私立
40中部学院大学岐阜県私立
40天理大学奈良県私立
40桐蔭横浜大学神奈川県私立
40東都大学埼玉県私立
40徳島文理大学徳島県私立
40鳥取看護大学鳥取県私立
40フェリス女学院大学神奈川県私立
40福岡看護大学福岡県私立
40福岡国際医療福祉大学福岡県私立
40文化学園大学東京都私立
40文京学院大学東京都私立
40松本大学長野県私立
40明海大学千葉県私立
40明治国際医療大学京都府私立
40流通経済大学茨城県私立
37.5青森中央学院大学青森県私立
37.5秋田看護福祉大学秋田県私立

フェリス女学院大学の併願校の偏差値

フェリス女学院大学における、併願校の偏差値は下の通りだ。

偏差値大学名都道府県国公私立
65東海大学東京都私立
52.5学習院女子大学東京都私立

フェリス女学院大学の大学情報

フェリス女学院大学の大学情報についてまとめておいた。

フェリス女学院大学の基本情報

フェリス女学院大学の基本情報は下の通りだ。

正式名称フェリス女学院大学
大学設置年数1965
設置者学校法人フェリス女学院
本部所在地神奈川県横浜市泉区緑園4-5-3
キャンパス緑園キャンパス
山手キャンパス
学部文学部
国際交流学部
音楽学部
研究科人文科学研究科
国際交流研究科
音楽研究科
URLhttps://www.ferris.ac.jp/

フェリス女学院大学の大学風景

フェリス女学院大学の大学風景は下の通りだ。

フェリス女学院大学の口コミ

フェリス女学院大学の口コミは下の通りだ。

在校生/2019年入学

文学部コミュニケーション学科の評価

  • 総合評価【普通】コミュニケーション学科というのもあって何をするか不透明なところがあるのですが、就職実績は高いのでこの評価にしました。
  • 講義・授業【普通】先生との距離が近く授業自体もわかりやすいが、後ろの席にいると授業中にヘアメイクを始める学生や睡眠、私語、飲食をする学生が多いのでそこがとても残念です。
  • 研究室・ゼミ【良い】研究室とゼミは充実していると思いますが、抽選式なのがあまり好ましくありません。
  • 就職・進学【普通】偏差値の割にブランド力があるためか就職実績はとても良いように思います。
    しかしまだ一年生で、就活をしていないのでなんとも言えません。
  • アクセス・立地【悪い】緑園都市駅にあるが、キャンパスの周りに何もなく乗り換えも多いので不満です。
  • 施設・設備【良い】概ね施設自体は女子大なだけあって綺麗に感じます。
    トイレなども清潔感がありこれといって不満はありません。
    強いて言うなら空調の効きが悪いことくらいです。
  • 友人・恋愛【悪い】キラキラしたブランド好きの子が多い気がします。
    また、個性的な人も多いです。
    そう言ったのが好きな方には合いますが、ついていけない人は浮くこともあると思います。
    サークルに入らないとほとんど友達はできないと言っても過言ではないのでサークルに入ることをオススメします。
  • 学生生活【悪い】学内のサークルは、スポーツ系が多い印象です。
    学外サークルだとインカレがありますが男の方と出会いたいならインカレに入ることをお勧めします。
    しかしインカレは向き不向きがあると思うので自身で新歓に足を運ぶことをお勧めします。

その他アンケートの回答

  • 【学科で学ぶ内容】1年次は、教養を学ぶという点で様々な授業を受講することができます。私はコミュニケーション学科ですが、音楽学部の授業を取ることもよくあります。
    二年次以降は、なってみないとわかりません。
  • 【学科の男女比】0 : 10
  • 【志望動機】元々、第一志望校に落ちてこの大学に入ったので特に志望した理由はありません。

引用:みんなの大学情報

在学生/2019年入学

国際交流学部国際交流学科の評価

  • 総合評価【良い】英語のモチベーションが上がります。
    英語に対して向上心を持っている生徒が多いため、私も頑張らなきゃと刺激をもらいます。進路的には、航空関係が多いです。
  • 講義・授業【良い】しています。
    先生方が親身になって話を聞いてくださるため、安心して学校生活が送れます。
  • 就職・進学【良い】十分です。
    就職を考える際に、先輩方に色々と相談したりなど気軽にできるため、サポートに関しては安心して大丈夫だと思います。
  • アクセス・立地【悪い】お店が少ないです。
    そのため、ショッピングやご飯を食べる際は二俣川か横浜に行かなければなりません。
    キャンバスの近くは緑が多くリラックスできます。
  • 施設・設備【良い】とても充実しています。
    新しい施設としてCLA棟が建てられ、食堂やカフェも比較的新しめの校舎になっています。
  • 友人・恋愛【良い】充実しています。
    部活はもちろんですが、インカレも多いため、充実した学校生活を送ることができると個人的には思います。
  • 学生生活【普通】充実しています。
    特に学祭ではそれぞれの部活やサークルが出し物をしたり発表したりしていて、普段の練習の成果を見ることができとても刺激になります。

その他アンケートの回答

  • 【学科で学ぶ内容】国際経済や文化などです。
    そのほかに、他の学科の授業も受けることができるため、学科はそこまで関係ないように感じます。
  • 【学科の男女比】0 : 10
  • 【志望動機】英語を勉強したかったからです。
    また、ボランティアなどにも積極に参加したいというのと、留学をしたかったという理由も大きいです。

引用:みんなの大学情報

ABOUT ME
偏差値ナビ
偏差値ナビ
大学の偏差値を研究している団体。 自身が受験に失敗したことから、偏差値を意識した大学受験の必要性を痛感。 全国の受験生に、少しでも偏差値の高い大学に入ってもらうため、偏差値情報、勉強法などを発信している。