関東地方の大学

【2021年版】武蔵大学の偏差値!河合塾・駿台・ベネッセ・東進

武蔵大学 偏差値

各予備校が発表する武蔵大学の偏差値は、

  • 河合塾→55.0~62.5
  • 駿台→43.0~48.0
  • ベネッセ→61.0~67.0
  • 東進→60.0~61.0

となっている。

センター試験の得点率は、

  • 83~86%

だ。

この記事では、

を紹介するぞ。

武蔵大学の偏差値情報

武蔵大学の偏差値情報について詳しく見ていこう。

武蔵大学の偏差値!河合塾・駿台・ベネッセ・東進

河合塾、駿台、ベネッセ、東進の発表する、武蔵大学の偏差値は下の通りだ。

河合塾駿台ベネッセ東進
経済学部55.0~62.543.0~45.062.0~66.060.0~62.0
人文学部55.0~62.544.0~48.061.0~66.061.0
社会学部57.5~62.544.0~46.064.0~67.061.0~62.0

武蔵大学の学部学科別の偏差値【河合塾】

武蔵大学の学部学科別の偏差値について、詳しく見ていこう。

センター試験の得点率も載せているので、参考にしてみてくれ。

経済学部 セ試得点率 82%~85% 偏差値 55.0~62.5

学部|学科・専攻・その他日程方式名セ試
得点率
偏差値
経済|経済前期(セ試利用)82%
経済|経営前期(セ試利用)84%
経済|金融前期(セ試利用)85%
経済|経済個別3科目型60.0
経済|経済全学部2科目型62.5
経済|経済全学グローバル57.5
経済|経営個別3科目型60.0
経済|経営全学部2科目型62.5
経済|経営全学グローバル57.5
経済|金融個別3科目型55.0
経済|金融全学部2科目型60.0
経済|金融全学グローバル57.5

人文学部 セ試得点率 83%~86% 偏差値 55.0~62.5

学部|学科・専攻・その他日程方式名セ試
得点率
偏差値
人文|英語英米文化前期(セ試利用)86%
人文|ヨーロッパ文化前期(セ試利用)83%
人文|日本・東アジア文化前期(セ試利用)84%
人文|英語英米文化個別3科目型57.5
人文|英語英米文化全学部2科目型60.0
人文|英語英米文化全学グローバル60.0
人文|ヨーロッパ文化個別3科目型55.0
人文|ヨーロッパ文化全学部2科目型60.0
人文|ヨーロッパ文化全学グローバル62.5
人文|日本・東アジア文化個別3科目型60.0
人文|日本・東アジア文化全学部2科目型62.5
人文|日本・東アジア文化全学グローバル62.5

社会学部 セ試得点率 83%~84% 偏差値 57.5~62.5

学部|学科・専攻・その他日程方式名セ試
得点率
偏差値
社会|社会前期(セ試利用)84%
社会|メディア社会前期(セ試利用)83%
社会|社会個別3科目型60.0
社会|社会全学部2科目型62.5
社会|社会全学グローバル62.5
社会|メディア社会個別3科目型60.0
社会|メディア社会全学部2科目型62.5
社会|メディア社会全学グローバル57.5

武蔵大学のライバル校/併願校の偏差値

武蔵大学のライバル校の偏差値【文系】

武蔵大学の文系における、ライバル校の偏差値は下の通りだ。

偏差値大学名都道府県国公私立
62.5明治学院大学東京都私立
62.5立命館大学京都府私立
60関西大学大阪府私立
60学習院大学東京都私立
60國學院大學東京都私立
60成蹊大学東京都私立
60成城大学東京都私立
60東京家政大学東京都私立
60東洋大学東京都私立
60南山大学愛知県私立
60武蔵大学東京都私立
57.5大妻女子大学東京都私立
57.5関西外国語大学大阪府私立
57.5近畿大学大阪府私立
57.5国士舘大学東京都私立
57.5駒澤大学東京都私立
57.5昭和女子大学東京都私立
57.5西南学院大学福岡県私立
57.5専修大学東京都私立
57.5中京大学愛知県私立
57.5津田塾大学東京都私立

武蔵大学の併願校の偏差値

武蔵大学における、併願校の偏差値は下の通りだ。

偏差値大学名都道府県国公私立
67.5国際教養大学秋田県公立
67.5立教大学東京都私立
65青山学院大学東京都私立
62.5明治学院大学東京都私立
55新潟県立大学新潟県公立

武蔵大学の大学情報

武蔵大学の大学情報についてまとめておいた。

武蔵大学の基本情報

武蔵大学の基本情報は下の通りだ。

正式名称武蔵大学
大学設置年数1949
設置者学校法人根津育英会武蔵学園
本部所在地東京都練馬区豊玉上1-26-1
キャンパス江古田(東京都練馬区)
学部経済学部
人文学部
社会学部
研究科経済学研究科
人文科学研究科
URLhttps://www.musashi.ac.jp/

武蔵大学の大学風景

武蔵大学の大学風景は下の通りだ。

武蔵大学の口コミ

武蔵大学の口コミは下の通りだ。

在校生/2019年入学

社会学部社会学科の評価

  • 総合評価【良い】取り扱うテーマが面白いですし、特に専門的な知識や中高で習ったことが必要ないので誰でも理解しやすい講義が多いです。
    課題の多さも多すぎず、少なすぎずといった感じでいい緊張感があります。
  • 講義・授業【良い】講義については、面白い、良い講義をするところもあれば面白くない、教え方がよくない講義をするところもある、という感じです。
    これについては入学してから先輩方などから情報を仕入れて、良い講義を取ろうとするしかないです。
  • 研究室・ゼミ【良い】ゼミはとても有意義です。先生にもよりますが、取り扱うテーマは面白いものや興味深いものばかりですし、議論も白熱します(私のゼミでは現代の若者の恋愛にたいて、ネット上でのいじめについてなどをテーマとして取り上げました)。
  • 就職・進学【良い】キャリア支援のサポートは充実していると思います。
    私が良いと感じたのは気になっている企業に就職している先輩に連絡をし、その企業についてを知ることができる、という支援があることです。
    星5にしないのはそれでも、就職先が見つからず悩む方も少なからずいるからです。
  • アクセス・立地【悪い】駅近、とは言えない位置にキャンパスがあるのでこれについては評価を低くせざるを得ません。
    周辺環境もそれほどよくありません。7、8分くらい歩いて着く駅にコンビニや飲食店が充実していますが、キャンパスの周りにはあまりないですね。
  • 施設・設備【普通】新しくキレイな施設もあれば、古さが目立つ施設もあります。
    あとPCルームもたくさんありますが、日によっては使えないところもあるのでもう少し増やしてもいいと感じています。
  • 友人・恋愛【良い】小規模な大学な為、友達が少なくても毎日誰かしらと顔を合わせることができます。
    1年からゼミがあるのでそこで友人をつくってもいいし、サークルや部活で友人をつくることもできます。
    意外と出会いの場は多いです。
  • 学生生活【普通】サークルやイベントが盛り上がっているところは見たことがないですが、良いところと言えば、陽キャも陰キャもその間も楽しめる、仲間がいるサークルがそれぞれあるところです。

その他アンケートの回答

  • 【学科で学ぶ内容】1年次は社会学の基礎についてや、さまざまな分野についてを幅広く学びます。
    2年次から少しずつ自分の興味のあるテーマを絞っていきます。
    3、4年次は卒業論文に向けてテーマを決めたり、研究したりします。
  • 【学科の男女比】4 : 6
  • 【志望動機】ジェンダーについて学びたかったので社会学科を選択しました。
    武蔵大学はジェンダーについての講義が多く、他の講義でもジェンダー問題と絡めて話を進めることもあるので、ジェンダー、セクシュアリティに興味のある方はこの学科がおすすめです。

引用:みんなの大学情報

在学生/2019年入学

人文学部日本・東アジア文化学科の評価

  • 総合評価【良い】人数が少ないからこそ友達や知り合いが多くできるとおもう。2年からは先輩方と一緒にゼミをやるのでそこでも知り合いができるのがいい。
  • 講義・授業【良い】パワーポイントを使った見やすい講義が多いです。ただ書く量が多い授業や反対に全く書かない授業もあって人それぞれ。
  • 研究室・ゼミ【良い】ゼミを1年生の頃から基礎ゼミとして必修でやる。基礎からやってくれるのでありがたい。
  • 就職・進学【良い】就職率は高いときくのでとても良いとおもう。
    サポートもよくしてくれると聞く。
  • アクセス・立地【良い】最寄り駅からとても近くてよい。
    周辺に食べ物屋が多く昼も行きやすい。
  • 施設・設備【良い】パソコンがたくさんあったり図書館もたくさんの本があって助かる。
  • 友人・恋愛【良い】少人数なので友達もできやすい。春の新歓や早期歓迎会に行った方がもっと友達ができる。
  • 学生生活【良い】とてもたくさんの数のサークルがあるとおもう。
    ほどよく緩いのや本気でやってるとこもあるのでいいとおもう。

その他アンケートの回答

  • 【学科で学ぶ内容】一年次は総合的なことを多く学び二年生からは専門的なことを学ぶ。外国語も選択できてたくさん学べる。
  • 【学科の男女比】2 : 8
  • 【志望動機】韓国語をやりたかったから。韓国の文化をまなびたかったから。外国語をやりたかったから。

引用:みんなの大学情報

ABOUT ME
偏差値ナビ
偏差値ナビ
大学の偏差値を研究している団体。 自身が受験に失敗したことから、偏差値を意識した大学受験の必要性を痛感。 全国の受験生に、少しでも偏差値の高い大学に入ってもらうため、偏差値情報、勉強法などを発信している。